第四の加熱式たばことも呼ばれているヴェポライザー。

従来の紙巻タバコからヴェポライザー への移行を検討している人も多いのではないでしょうか?

ヴェポライザー はどんどん新機種が出てきており、たくさん商品があるのでどれを購入しようか悩んでしまいますよね。

そこで今回はヴェポライザー のおすすめ機種を紹介していきます。

ヴェポライザー 、来てます

タバコ税の値上がりや煙の問題などもあり、昨今ヴェポライザー が注目を集めています。

ヴェポライザー はいわゆる加熱式タバコに分類されるデバイスで、シャグと呼ばれるタバコ葉を詰めて加熱して喫煙を楽しむものです。

紙巻タバコのタバコ葉を加熱しても良いですし、シャグと呼ばれる手巻きタバコ用のタバコ葉で楽しむ人もいます。

タバコ代が1/5ほどに抑えることもできるので、節約にもなります。

タバコ代はどんどん値上がりしていくので、ますますヴェポライザー などの電子タバコが注目を浴びると思います。

以下ではおすすめのヴェポライザー を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

WEECKE(ウィーキー) FENIX +

f:id:mutant-tetsu:20191015164608j:plain

日本国内で評価の高いヴェポライザー と言えばコレ!

元々、人気だった前モデルのFENIXに比べて様々な点で改良が加えられています。

基本的に1回の喫煙時間が5分ほどですが、その時の状況でさらに3分の延長が可能なモデルです。

<ポイント>

  • 日本でも評判の高いWEECKEの最新モデル
  • 急速充電にも対応
  • 喫煙終了間際に、さらに延長が可能
価格 9800円
重量 281g
バイブレーション
温度調節 170℃ – 220℃
保証期間 3ヶ月
販売サイト Amazon / 楽天

WEECKE C-VAPOR3.0

f:id:mutant-tetsu:20191015164706j:plain

同じWEECKEによるヴェポライザー でFENIXより1000円ほど安価なモデルとなります。

安価と言ってもその実力は折り紙付きで、紙巻タバコがちょうど入るスペーサーやエアフローの調整などFENIXに劣らない性能を誇るヴェポライザーです。

<ポイント>

  • 前モデル(2.0)に比べバッテリー容量を1.5倍に改良
  • 小型で持ち運びやすいサイズ。外出用に◯
  • スペーサーが紙巻タバコと同じサイズで使いやすい
価格 7980円
重量 181g
バイブレーション
温度調節 160℃ – 230℃
保証期間 3ヶ月
販売サイト Amazon / 楽天

CSVK DM-PAX

f:id:mutant-tetsu:20191015165438j:plain

5000円ほどで購入できる初心者向けのエントリーモデル。

ヴェポライザーはVAPEに比べて本体代が高い傾向にありますが、その中でも割安な価格でコスパの良い一台。

<ポイント>

  • コスパ◯
  • バイブレーション、温度調整など一通りの機能を備えている
価格 5698円
重量 200g
バイブレーション
温度調節 180℃ – 230℃
保証期間 3ヶ月
販売サイト Amazon

Arizer  ARGO

f:id:mutant-tetsu:20191015170011j:plain

ヴェポライザーの中でもハイエンド機種になるデバイス。

3万円オーバーする価格ながら、チャンバーが汚れにくい作りになっていたり吸い口がリフトアップする仕組みになっておりガラスマアロマチューブが保護できる仕組みになっていたりと、さすがハイエンドというだけの機能が備わっています。

<ポイント>

  • ガラスアロマチューブの保護機能
  • チャンバーが汚れにくいのでメンテナンスが楽
  • 専用キャリーケース付き
価格 34609円
重量 136g
バイブレーション ×
温度調節 50℃ – 220℃
保証期間
販売サイト Amazon 

Black Mamba

f:id:mutant-tetsu:20191015170217j:plain

値段と機能のバランスが◯なコスパの良い一台です。

クリーニングもしやすく初心者におすすめのエントリーモデル。

<ポイント>

  • 4000円前後で購入可能なエントリーモデル
  • 安価ながら温度調整機能あり
  • シンプルな操作性で初心者でも使いやすい
価格 3999円
重量 249g
バイブレーション ×
温度調節 180℃ – 220℃
保証期間 6ヶ月
販売サイト Amazon / 楽天

Red Fire

f:id:mutant-tetsu:20191015170343j:plain

こちらもエントリーモデルとしておすすめしたい一台。

6000円ほどと若干、他のエントリーモデルに比べると割高になっていますが、持ち運びしやすいポッド型のフォルム、キック感のある味わいを再現など値段に比較して高い性能を持っています。

価格 5980円
重量 231g
バイブレーション
温度調節 148℃ – 230℃
保証期間 6ヶ月
販売サイト Amazon

Pith

f:id:mutant-tetsu:20191015170424j:plain

当記事で紹介するヴェポライザー の中でも一番小さいヴェポライザー 。

サイズが小さい分、バッテリー容量や加熱性など力不足もありますが手のひらに収まるコンパクトサイズでヴェポライザーとしての機能を十分備えている一台です。

<ポイント>

  • 手のひらに収まる極小サイズ
  • 紙巻タバコにフィットするチャンバーサイズ
価格 3980円
重量 99.8g
バイブレーション
温度調節 200℃ – 220℃
保証期間
販売サイト Amazon / 楽天

XMAX AVANT

f:id:mutant-tetsu:20191015170519j:plain

小型で携帯性もあり、味やキック感もありとバランスの取れた一台。

初心者向けのエントリーモデルとしても◯。

<ポイント>

  • 小型で持ち運びしやすいサイズ
  • 小型ながら味◯
価格 4980円
重量 118g
バイブレーション ×
温度調節 180℃ – 220℃
保証期間
販売サイト Amazon / 楽天

一押しのおすすめヴェポライザー

タバコ葉本来の味を楽しみたい、味わいを重視したい!

せっかくヴェポライザーデビューするから、おすすめの一台を使いたい!という人向けにおすすめヴェポライザーを紹介します。

WEECKE FENIX+

f:id:mutant-tetsu:20191015164608j:plain

ネット上でも評価の高いWEECKEのFENIX+。

実際に使用した感想は「評判通りだな」という感想。

1万円前後と決して安い金額ではないのですが、味わいや機能などを重視したい人にはおすすめの一台と言えます。

安いモデルだと故障や性能が心配、でも3万円もするハイエンドモデルは高い・・・という人にはぜひ使っていただきたいモデル。

低価格!初心者向けのおすすめヴェポライザー

ヴェポライザー はVAPE製品に比べると少し割高に設定されています。

タバコ代の節約になるので、喫煙が多い人ほど元は取れるのですがまずは低価格から始めてみたいという人のために初心者向けの低価格なヴェポライザー を紹介します。

Black Mamba

f:id:mutant-tetsu:20191015170217j:plain

VAPE製品に比べると総じて価格の高いヴェポライザー 。

初心者が入門用として1万円近いお金を出すのは躊躇しますよね。ブラックマンバは割安ながら喫味などバランスが良い一台と言えます。

携帯に便利なヴェポライザー

自宅以外でもヴェポライザー を利用したいという人も多いと思います。

多くのヴェポライザー が持ち運びには少し大きすぎるサイズなので、外出用やサブ機としておすすめな機種を紹介します。

Pith

f:id:mutant-tetsu:20191015170424j:plain

手のひらに収まる極小サイズながらしっかりヴェポライザー としての機能も備えているPith。

外出用やサブ機としてもおすすめです。価格が安いところも◯

 

【関連記事】

【2019年版】ヴェポライザーのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう – Capnos

あなたにオススメ