[カプノス]たばこ情報サイト

シャグの保存方法どうしてる?乾燥対策を紹介

マニトウのシャグ

手巻きタバコやヴェポライザーを始めると、疑問に思うのがシャグ の保存方法。

ついつい色々な味を試したくなり、種類が増えていきますよね。

基本的にすぐダメになるわけではないですが、保存方法をしっかりすることで長く美味しく味わうことができます。

今回はシャグ の保存方法について紹介していきます。

乾燥対策・適度な加湿対策が必要な理由

シャグ を保管する際に注意したいのが「乾燥」です。

シャグ のパックを購入し袋を開けたままにするのはNG。すぐに乾燥が進んでしまいます。

では、なぜシャグを乾燥させてしまうとNGなのでしょうか?

タバコ葉は乾燥してしまうと喫煙した際にピリピリとした刺激を伴い味わいを損ねます。

手巻きたばこやヴェポライザーを楽しむためにも、シャグにはある程度の加湿が必要です。

触ってみて少ししっとりした状態を保つのがベスト。

様々な方法がありますが、以下ではシャグ を保存する時に行っている方法を紹介していきます。

ジップロックでしっかり密封

ジップロック

自宅にあるもので簡単にできる方法はジップロックで保管する方法。

シャグの袋ごと入れてしっかり密閉すれば、乾燥を防ぐことができます。

スーパーで購入することもでき、低コストなので最も手軽に行えるシャグ の乾燥対策です。

密封性の高い容器に保存

ジップロック容器

次にオススメなのが密閉性の高い容器に保存する方法。

100円均一やAmazonで手軽に購入することができます。プラスティック・ガラスどちらでもOK。

ガラス製の方が匂い移りを防ぐことができるので、そちらの方がおすすめです。

開け閉めが簡単なのも手軽に利用できます。

注意点としてあまり大きな容器にし過ぎるとかさばってしまうので、シャグ1袋がちょうど入るサイズがおすすめです。

ヒュミディパックを使って適度に加湿

ヒュミディパック

さらに発展させてヒュミディパックを利用するのも1つの方法です。

シリカゲルという乾燥剤がありますよね?

あれは湿気らないよう乾燥を促すものですが、ヒュミディパックはその逆。

乾燥を防ぎ、ほどよく加湿してくれる製品です。

こちらもAmazonやシャグを置いているタバコ屋で販売しています。

長期保存ではタッパやジップロックは役不足?

上記で紹介したジップロックやタッパーでシャグの乾燥を防ぐことができます。

難点を1つ挙げるとすれば長期保存には向いてないこと。

もし、あなたが大量のシャグを保管しておりしばらく吸う機会がないのであればジップロックやタッパーよりもガラス製の容器の方が密封性も高くおすすめ。こちらも100円均一などで購入できます。

ガラスジャー

筆者はしばらく吸わない長期保存予定のシャグはガラスジャーに、常用シャグはタッパーにと使い分けています。

まとめ

シャグの保存方法について紹介しました。

手巻きタバコやヴェポライザー を始めると、色々な味を試したくなります。

多くなればなるほど1袋あたりの消費が遅くなり、次第に乾燥してきてしまいます。

上記で紹介した方法で乾燥を防ぎ、長く保管することができるのでぜひ試してみてください。

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

CAPNOS[カプノス]編集部
タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。 Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください! ⇒Twitter

特集


ニュース


喫煙具を知る