タバコ葉(シャグ )を加熱して楽しむ、加熱式タバコのような製品であるヴェポライザー 。

タバコ代を1/5近く節約できるとあってヴェポライザー を始める人も多いです。

しかし、中にはヴェポライザー が不味くて断念する人も。実際に自分も初めて試した時にはあまり美味しくないと感じてしまったのですが、色々と工夫することで今では毎日使用しています。不味いと感じてやめてしまう前に試してみてほしいことを紹介していきます。

ヴェポライザー をやめる人に共通すること

せっかくヴェポライザー を購入したのに、味が合わないといってやめてしまう人もいます。

ヴェポライザー の本体は決して安くなく(4000円〜1万円ほど)、もったいないなぁと思うわけです。

話しを聞くと共通するのが、「そもそも加熱式タバコが合わない」という人が多いように感じます。

加熱式タバコとはアイコスのようなタバコ葉を燃焼させるのではなく、加熱して煙を発生させるもの。

加熱式タバコ独特の芋のような匂いが苦手な人、喫味がNGな人は残念ながらヴェポライザー は合わないと考え方が良いでしょう。

逆にアイコスやグロー などの加熱式タバコがOKでヴェポライザー はNGだったという人は改善の余地ありです。

喫味が強い原因はダイレクトに吸っているから

私も初めてヴェポライザー を吸った時は、「期待していたけど、美味しくない」と感じたのが率直な意見でした。

なぜ「美味しくない」と感じたのか考えてみると、もともと喫味の強いタバコが苦手というのが原因でした。

紙巻タバコでは赤マルではなくメンソールや軽めのタバコを好んで吸っていました。

よくよく考えるとヴェポライザー はタバコで言うフィルター部分がないので喫味がダイレクトに来るのが苦手と思う原因だと。

喫味が強いと感じたらフィルターを使ってみるのもおすすめ

確かに紙巻きタバコには吸い口の部分にフィルターが付いていて、ここで喫味を調整していますよね。

考えたらわかることですが、この部分を見落としていてフィルターを導入することで喫味が柔らかくなり美味しく吸えるようになりました。

ヴェポライザー のモデルにもよりますが、大体510口径のドリップチップ対応なのでこれにフィルターを噛ませて使用しています。

このフィルターはタバコ屋で安い値段で売られているので、喫味が強いと感じた人はおすすめします。

FENIX+をメインに使っていますが、付属物にシリコンのドリップチップが付属しているのでこれにフィルターを差し込んで使っています。

自分の好きなシャグ を見つけると楽しくなる

f:id:mutant-tetsu:20191021140545j:plain

あとは自分の好きなシャグ を見つけるのもヴェポライザー を楽しむポイントです。

メンソール系が好きな人はメンソール系を。着香系でバニラやフルーツのフレーバーが好きな人はそういったシャグ を、といった感じです。

慣れてくるとシャグ を混ぜて自分好みにカスタマイズするのも面白いですよ。

シャグ のおすすめはこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【2019年版】ヴェポライザーのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう – Capnos

まとめ

ヴェポライザー が美味しくないと感じたら、フィルターを噛ませたりすると喫味がガラッと変わるので一度試してみる価値ありです。

ヴェポライザー 本体はVAPEなどに比べると、決して安い金額ではありません。

とは言っても安い機種でも十分な性能を持つ機種もあるので、まずはエントリーモデルで試してみて自分がヴェポライザーと相性が良いのか試してみるのもアリです。

いずれにしろ、毎月タバコ代が高いと感じる人はすぐに回収できるほど節約できるのでぜひ検討してみてください。

【2019年版】ヴェポライザーのおすすめはコレ!賢くタバコ代を節約しよう – Capnos

あなたにオススメ