[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】DOMINGO(ドミンゴ)バニラをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

domingovannila_01

様々な嗜好に合わせたフレーバーを複数ラインナップするベルギーのシャグ、DOMINGO(ドミンゴ)シリーズ。

どのフレーバーも特化した風合いが楽しめる一方、タバコであることを絶対に忘れさせない堅実な展開が特徴で、コアな支持を得ているブランドです。

今回ご紹介のDOMINGO(ドミンゴ)バニラは、その名の通り、バニラのアロマ感が特徴とのことですが、パッケージのカラーリングも、クリーム色が基調となっており、どことなくまろやかな風味を連想させます。

このドミンゴ バニラ、果たして喫味を楽しめるのでしょうか。ヴェポライザー、紙巻き双方で試していきたいと思います。

ドミンゴ バニラのスペック

  • DOMINGO Vanilla(ドミンゴバニラ)
  • 生産国 ベルギー
  • 価格 630円
  • 内容量 25g
  • グラム単価 25.2円 / 1gあたり

開封

さっそく開封していきます。

パッケージのカラーリングから「まろやかそうだ」という先入観を抱いていましたが、バニラ特有の香りは意外にも薄く、鼻を近づけ、意識的に嗅いでみないことには甘い匂いを感じることはできません。

その穏やかな甘さに混じって、バーレーなどの従来のドミンゴシリーズが持つたばこ葉の香りが複雑に立っている印象です。

どんな味になるのか想像できないようなドミンゴ バニラ特有の香り。この複雑さが、吸引時にどんな味に変身してくれるのでしょうか。

葉の感じ

DOMINGO(ドミンゴ)シリーズは、茶褐色の刻みの細かい葉に加え、ときどき3ミリほどの比較的大きめの葉が混じっているのが特徴なのですが、ドミンゴ バニラもこれを踏襲しています。

比較的ダマになりにくそうなドミンゴ バニラの葉ですが、かといって過度にサラサラしているわけでもなく、ヴェポライザー、紙巻き双方に扱いやすい印象です。

とはいえ、フレーバー本来の味を楽しむには、一度綺麗にほぐしてバランス良く仕込むほうが良いのは他シャグ同様。

すぐに吸いたいがあまり、焦ったり、急いだりして、「仕込む葉のバランス作り」を怠ることがないようにしたいものです。

FENiX MINI PROで吸ってみた

ネット上でも評価の高いシャグの個性を感じることができるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

……

一口目は軽いものの、吸う度にまろやかなバニラの甘い風味と、どことなく酸味のような風味が口の中に広がっていく印象です。

前述のように開封時はバニラの香りはさほど強くなかったのに、実際に燻すと、ここまで個性が突出するのかと驚きました。

しかし、たばこ本来が持つアタックは弱めであり、どことなく大人しめの印象も抱きました。

ここは好みが分かれるところだと思いますが、タバコ感を強く感じたくない人、ライトに喫煙を楽しみたい人、シャグ初心者の方にはピッタリの銘柄に感じました。

ただし、これも190度での吸引がゆえだからかもしれません。温度を上げることでどう喫味に変化が起こるのか、試してみましょう。

温度を上げて吸ってみた

温度を上げて吸ってみます。FENiX MINI PRO220度に設定。

……

前述のような「口に広がるバニラ感」よりも、タバコ本来の風味が著しく立った印象です。

ガッツリとタバコ感を好む人には、高温での吸引のほうが良いように思いましたが、しかし、そうなると別に他の銘柄でも楽しめるものはあります。

ドミンゴ バニラならではの喫味を楽しむのなら、やはり190度程度の温度で吸うのが最適のように思いました。

つまり、ヴェポライザーの温度によって喫味に大きな変化を及ぼすのがドミンゴ バニラと言って良いかもしれません。

この点は、ご参考にしていただければと思います。

ドミンゴバニラを紙巻きで吸ってみた

次に紙巻きにして吸ってみます。

……

FENiX MINI PROで吸ったときよりもタバコ感を若干強く感じるものの、吸い込んだ後、喉奥にバニラの風合いが広がっていく印象です。

喫味のバランスはかなり優れており、他銘柄にはない個性を感じました。

また、「甘いフレーバー系」シャグにありがちな、「副流煙も甘い香りとなり、周囲に気を使う」といったこともなく、喫煙スペースであれば気軽に吸えるのもドミンゴ バニラの利点のようにも思いました。

ヴェポライザーでは温度によって大きく喫味に変化があり、また紙巻きでは、ヴェポライザーでの喫味とはまた違う楽しみ方ができる……環境によって様々に表情を変えてくれるのがドミンゴ バニラのように思いました。

ドミンゴ バニラの感想

タバコ感は弱めですが、だからと言って「バニラの味しかしない」わけではなく、繊細なブレンドバランスによって成り立っているシャグのように感じました。

普段使いのシャグに対して、「ほんの少し冒険したい」「遊び用に楽しみたい」といった際などには候補にしても良さそうで、それでいて汎用性にも特化させているのがドミンゴ バニラのように思いました。

吸引後に口の中に残る微妙な甘さをアリとするか、ナシとするかは人によって異なりそうですが、好みが分かれる点を挙げるとすればこの程度。

誰にとっても楽しめる普遍的なシャグだと思います。

ドミンゴシリーズは総じてグラム単価が安いので気軽にトライできるのも利点。

もちろん、ドミンゴ バニラを自分のフェイバリットにする場合も、特別な例ではないように思います。

普遍的であり、控えめな個性を感じられるドミンゴ バニラ、是非一度お試しください。

ヴェポライザーのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る