【シャグレビュー】ブラックスパイダー 柚子を手巻きたばことヴェポライザーで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

日本が世界に誇る喫煙具の総合メーカー・柘製作所。私たちにとって馴染み深いシガレットやシャグに関するものだけでなく、パイプやキセルなど様々な喫煙具を開発・製造していますが、もちろん、たばこ葉やシャグにも造詣が深く、特にシャグは複数のブランドを展開しています。

その柘製作所が手がけるシャグブランドの一つがブラックスパイダーです。主にフレーバー系シャグを展開するブランドで、日本人に馴染み深い「味」ばかりがモチーフにされることが多いのが特徴です。また、フレーバー系シャグブランドの中には、「香料の味しかしない」というスカスカな喫味のものもありますが、ブラックスパイダーブランドはその味わいは繊細で、かなり細かい喫味設計を行なっていることがよくわかります。

さて、今回はこのブラックスパイダーブランドから、2022年秋に登場したフレーバー、柚子を試します。事前にたばこ専門店による解説をチェックしてみると「爽やかな柚子の香りが鼻に抜ける。柚子の皮の苦みも感じられ、繊細な和食にベストマッチ」とありました。近年、食事をしながらたばこを吸う機会がめっきり減ってしまいましたが、そうであっても「和食にもベストマッチ」と謳われているところに、ブラックスパイダー 柚子のクオリティの高さを感じます。

さて、このブラックスパイダー 柚子、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。さっそく葉の感じから見ていきましょう。

ブラックスパイダー 柚子のスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 830円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。柚子特有の柑橘系のフレッシュな酸味を感じる香りが広がりますが、同時によく嗅いでみると、どことなく油っぽいというか粘土のような柚子とは全く関係のない独特の香りもしました。

この香り、正直心地よいものではなく、なんだか臭い印象さえ抱くものですが、ブラックスパイダーブランドの他フレーバーでは感じなかった匂いです。もしかして柚子の酸味を押し上げるための香りなのかもしれませんが、なかなか不思議な匂いです。

また、これら香料や油の香りによって、たばこ葉本来の香りは深く吸い込んでも感じることができませんでした。このため、開封時のこの時点では、その喫味を想像することは全くできませんでした。

葉の感じ

ブラックスパイダーブランドの他の銘柄同様、焦げ茶色の葉と黄色い葉が混じり合うように入り組んでおり、その刻みは細かく、おそらくバージニア葉、オリエント葉のようにも見えます。ただし、他のフレーバーとの大きな差はその粘度の高さ。極端にベトついたシャグというわけではないですが、他のフレーバーよりも粘度高めで、指先にもしっかり柚子の香りがつきます。

このため、特に手巻きにする際はシャグを詰めすぎないようにする工夫が必要です。詰めすぎてしまうと、火入れしても詰まって吸えない、なんていうことがあるのである程度のコツを掴んで巻いていくほうが良いでしょう。

ここまでが開封した際と葉の感じのチェックですが、実際に火入れすることでどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

・・・

1パフ目の口当たりで、柚子特有のスキッとした柑橘感を感じた一方、開封時に感じた粘土のような不思議な油の香りが口の中に広がりました。正直良い口当たりではないですが、ここでわかったことがあります。

この粘土のような油の香りは、柚子の味わいをモチーフにした際の、全体の喫味設計で欠かすことができないものの、言わば柚子の柑橘感や甘みに対して、そのボディとなる苦味を表現するものなのだと思いました。しかし、ヴェポライザー190度の低温度では、そのバランスがイマイチ整わず、柚子の柑橘感と、粘土のような香りがバラバラに感じられるため、良い口当たりにはならないのだと思いました。

この点、ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで解決するのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じた柚子特有のスキッとした柑橘感、粘土のような不思議な油の香りが融合し、全体をまろやかにしてくれました。ただし、ヴェポライザーで何度も吸っていると、ときどき油の香りが立ってしまい、これまたガッカリすることもありました。

また、肝心のたばこ感は極めて弱めでスカスカな点も否めません。吸い終わりには舌先に、香料のピリッとした味が残る程度で、正直物足りなさを感じました。

ブラックスパイダーブランドの他銘柄には、ヴェポライザーとの相性がとにかく悪いものもありましたが、このブラックスパイダー 柚子も同様かもしれません。

手巻きで試すことで、本来のポテンシャルをしっかり引き出せるような気がします。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

手巻きでは絶対にバランスの良い喫味を楽しめるはずだと思ったものの、1パフ目でまず感じたのは、例の不思議な油感。正直、顔をしかめてしまうほどで、これは筆者にはちょっと苦手で、この喫味を好む人がいそうにも思えませんでした。

ただし、パフ中盤では柚子特有の柑橘感がスキッと広がり、たばこ葉本来の味わいと相まって独特のうまさを楽しませてくれます。

「もしかしたらあの油感は、シャグのムラなのかもしれない。もう一度吸ってみよう」と、続けてパフすると、また吸い始めであの油感……。これがクセになる味とも思えず、どうしてこの粘土のような香りがするのかは、結局最後までわからないままでした。

ブラックスパイダー 柚子 の感想

ブラックスパイダーブランドには、今も強い信頼感を抱く筆者ですが、このブラックスパイダー 柚子に限っては、ここまでに紹介した通り、「謎の油感」を感じ、これが果たしてナンなのかがわからぬままで、正直あまり心地よい喫味というわけではありませんでした。これはヴェポライザーの190度および220度、手巻き双方で感じたものですので、吸う環境によってのことではなく、そもそもの喫味設計がこうなっているのだと思いますが、筆者個人の好みというよりも、この味を望む人はいないのではないかと思うほどでした。

一方、柚子のフレッシュな柑橘感のバランスは、特に手巻きでは強く感じることができ、これはなかなか心地良いものでした。「謎の油感」さえなければ絶対に美味しいはずのブラックスパイダー 柚子。興味がある人はぜひ一度お試しされてみてはいかがでしょうか。ただし、ブラックスパイダーブランドの真価について、このフレーバーだけで判断するのは早計で、必ず他のフレーバーとも合わせてお試しくださいね。

 

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:1/5

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。