【シャグレビュー】ブラックスパイダー マンゴー・ラッシーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

世界中にあるフレーバー系シャグブランドの中でも、特に香料の設計と、たばこ本来のクオリティの高さで定評があるブランド、ブラックスパイダー。喫煙者の間で日本はもちろん、世界中にもファンを持つ名門メーカー・柘製作所によるブランドで、すでに複数の銘柄のレビューを紹介してきた通り、いずれのフレーバーもなかなか素晴らしい喫味を楽しませてくれます。

さて、今回はこのブラックスパイダーから2022年秋登場のフレーバー、マンゴー・ラッシーを試します。ブラックスパイダーのフレーバー系シャグは、あくまでも日本人向けというか、日本人にとって馴染み深い味わいのものばかりをたばこ化していますが、このマンゴー・ラッシーもインド料理がすっかり日本に定着した今だからこそ表現された銘柄だと思われます。

薄いメタリックのオレンジ色のパッケージからは、その味が全く想像できませんが、このブラックスパイダー マンゴー・ラッシー、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。さっそく葉の感じから見ていきましょう。

ラックスパイダー マンゴー・ラッシーのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 830円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。まず鼻を強くついてくるのはマンゴーの果実の甘い香りを模した匂い。フレーバーのコンセプトを事前に知らず、これだけを嗅いで「マンゴー・ラッシーの香りだ」と特定できるほどの再現ぶりではないものの、マンゴーの香り自体はかなり繊細に表現できているように思いました。

他方、マンゴー香料の香りがかなり強いおかげで、深く匂いを嗅いでもたばこ葉本来の香りは感じられません。過去にフレーバー系シャグを試してきた経験から言うと、香料がここまで強いシャグは、吸った際にえてして「香料の味しかしない」「たばこ感が弱い(ほとんどない)」ということもあります。ブラックスパイダー マンゴー・ラッシーがそうでないことを願うばかりですが、果たしてどうなのでしょうか。

葉の感じ

ブラックスパイダーブランドのたばこ葉は主にタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、このブラックスパイダー マンゴー・ラッシーはラオスの葉が使われています。前述の開封時に感じた強い香料は、軽く触っただけでも指先に匂いがつくほどで、やはり相当な量を含有させていることがよくわかります。

また、たばこ葉自体は、おそらくバージニア葉、オリエント葉だと思いますが、焦げ茶色の葉と黄色い葉が混じり合うように入り組んでいます。刻みは極めて細かく、これはブラックスパイダーブランドの他フレーバー同様で、本銘柄ならではの特徴はさほど感じることができませんでした。

ブラックスパイダーブランドの大半は、フレーバー表現だけでなく、しっかりとした喫味を楽しませてくれますが、ここまで見た通り、シリーズの中でもかなり香料が強い印象です。

個人的にフレーバー系シャグはさほど好みでない筆者は少々の不安を抱きましたが、しのごの言わずにさっそく吸っていきたいと思います。まずはヴェポライザーから試していきましょう。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

・・・

開封時に強く感じたマンゴーの甘みが丸く口の中に広がり、実にフルーティな味わいです。また、開封時には確認できなかったラッシーのベースとなるヨーグルトのほのかな酸味もアクセントとなり、なかなか面白い表現だと思いました。シャグ初心者やライトユーザーには特にお勧めできそうに思いました。

他方、ボディやキック感は極めて弱く、ヘビースモーカーの筆者は「これ本当にたばこなの?」と思ってしまうほどでした。開封時や葉の感じを見た際に思った不安が見事的中してしまった……という格好ですが、これはヴェポライザーの燃焼温度が低く、シャグ本来が持つポテンシャルを引き出しきれていないせいなのかもしれません。

燃焼温度を上げることで喫味にどんな変化が表れるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度ではスカスカだったでしたが、燃焼温度を上げたことでたばこ本来の喫味がグッとアップし、ボディ、キック感ともに見事に立ち上がった印象です。

それでいて香料の甘みもきちんと残っており、喫味バランスはかなり良くなりました。このことから、ブラックスパイダー マンゴー・ラッシーをヴェポライザーで試す場合は圧倒的に220度の高燃焼温度のほうが良いと思いました。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーの220度では、かなり良い喫味を味わえましたが、手巻きで吸ってみた場合、どんな喫味になるのでしょうか。さっそく試してみます。

吸い始めの冒頭では、マンゴーの甘い風合いがまろやかに口の中の広がりますが、パフ中盤でたばこ葉の複雑なキック感や苦味が合わさり、かなり個性的な喫味となりました。これがなかなか面白く、そしてどこかリラックスさせてくれるような喫味です。

厳しいツッコミを入れるとすれば、マンゴーラッシーというよりはマンゴーそのもの印象のほうが強いくらいで、その他はなかなかバランスの良いフレーバー系シャグだと思いました。

ブラックスパイダー マンゴー・ラッシーの感想

ヴェポライザー190度では極めてスカスカな味わいだった一方、220度ではバランスが整い、さらに手巻きでは、複雑な喫味を表現することがわかったブラックスパイダー マンゴー・ラッシー。吸い方には注意が必要ですが、かなり面白い独特のシャグのように思いました。

マンゴー・ラッシーとしての表現の完成度は、今一歩ですが、それ自体を考えずに、単にマンゴー系のフレーバーシャグなのだと理解して吸うのであれば、ライトスモーカーやフレーバーシャグ好きの方はもちろん、ヘビースモーカーの方でも十分楽しめるシャグのように思いました。

吸うことでどこかリラックスできる印象もあったブラックスパイダー マンゴー・ラッシー。ぜひ一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:5/5

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。