VAPE

DR.VAPE(ドクターベイプ)とプルームテックプラスの違いとは?

  1. HOME >
  2. VAPE >

DR.VAPE(ドクターベイプ)とプルームテックプラスの違いとは?

300万本を売り上げた電子タバコのDR.VAPE(ドクターベイプ)。

同じような製品でJTが販売するプルームテックプラスがあります。

ドクターベイプとプルームテックプラスにはどういった違いがあるのでしょうか?

 

ドクターベイプとプルームテックプラスは似たような製品?

結論から先に言うと、ドクターベイプとプルームテックプラスは似ているようで似ていない製品。

両製品共にリキッドを加熱して発生したミスト(蒸気)を吸引する製品ですが、細かい点で異なります。

以下でドクターベイプ、プルームテックプラスそれぞれの特徴にふれながら違いを紹介していきます。

 

ドクターベイプの特徴

ドクターベイプを使用

ドクターベイプの仕組みはいたってシンプル。

  1. 本体バッテリー
  2. フレーバーカートリッジ

この2つだけで構成されています。本体バッテリーから供給した電力で、カートリッジ内のリキッドを温めるという仕組みです。

6種類のフレーバーカートリッジが販売されており、気分や好みによって使い分けすることができます。

ドクターベイプ最大の特徴はニコチンを一切含んでいない点と言えるでしょう。

 

プルームテックプラスの特徴

プルームテックプラス

一方でプルームテックも仕組みはドクターベイプとほぼ同じです。

  1. 本体バッテリー
  2. フレーバーカートリッジ
  3. タバコカプセル

加熱して発生したミスト(蒸気)にニコチンを添加する点が異なります。

JTが手がける製品で、フレーバーの数も8種類ほどあり続々と新味が追加されています。

【全8種】プルームテックプラスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

 

ドクターベイプとプルームテックプラスの違い

ドクターベイプのカートリッジ

すでに触れましたが、ドクターベイプとプルームテックプラスの違いはニコチンの有無です。

プルームテックはニコチンあり、ドクターベイプはニコチンなしの違いです。

 

味わいに関しては同じリキッドタイプなので、味わいも似ています。

似ているような味わいですが、ニコチンがゼロというのは禁煙・減煙したい人からすると大きな違いではないでしょうか。

 

両者共に煙臭くなく、吸い口も軽いですがニコチンは身体に害を及ぼす物質なのでタバコを辞めたいけど辞めれない人にはぴったりの製品ではないでしょうか。

 

コストの違い

次にドクターベイプとプルームテックプラスのコストの違いを見ていきましょう。

両者の本体価格や消耗品(タバコスティックとフレーバーカートリッジ)の価格や単価をそれぞれ比較します。

なお、比較に際しての条件は以下の通りです。

  • ドクターベイプの本体は割引後の価格を適用(8500円→3500円)
  • ドクターベイプのカートリッジも割引後の価格を適用(2700円→2000円)

 

ドクターベイプ プルームテックプラス
本体価格 3500円 3480円
カートリッジ 666円(2000円で3セット入り) 500円
喫煙本数 500パフ 250パフ
1パフ単価 1.3円 2円

本体価格こそ差はありませんが、ドクターベイプの方がカートリッジの1パフあたりの単価がおよそ半分となります。

ニコチンの有無でタバコ税がかかるかどうかが違ってくるので、その影響でしょうか?

ドクターベイプに乗り換えることでタバコ代の節約にもなりますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ドクターベイプとプルームテックプラスの違いについて紹介しました。

ほぼ同じような製品ですが、ニコチンの有無とランニングコストに違いがあります。

自身のニーズに合った製品を探す際の材料にしてください。

ドクターベイプの購入を検討している人は、公式サイトからの購入をおすすめですよ。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る

 

【関連記事】

ドクターベイプの口コミや評判は?実際に使った感想を交えてレビュー

 

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ


健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「ドクターベイプ 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る



あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

the-third1 1

第3のタバコとして販売された、ニコチンゼロの加熱式タバコ専用スティック「The Third」 複数のフレーバーが用意されている本製品ですが、全フレーバーを試してみた感想を紹介します。 それぞれのフレー ...

喫煙する男性 2

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-VAPE

© 2020 CAPNOS[カプノス]