IQOS

アイコス互換機とは?メリットやデメリットを詳しく解説

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. IQOS >

アイコス互換機とは?メリットやデメリットを詳しく解説

アイコスには公式が販売しているものの他に互換機・相互品と呼ばれるものがあります。

いわゆる、アイコス互換機とよばれるものですが互換機を使うメリットやデメリットについて詳しく紹介します。

 

アイコス互換機とは?

アイコス互換機とは、アイコスの公式とは別の会社が発売している機種です。

アイコス、パルズ 、プルームエスなどの加熱式タバコスティックと同じ口径に設計されているので、こられのヒートスティックで喫煙することができます。

アイコス互換機QOQとアイコスパッケージ

アマゾンや楽天などで広く販売されており、アイコスの代替え機やサブ機として使っているユーザーが多い印象です。

 

その多くは中国・深センの会社で開発をされており、いわゆるコピー品とは一線を画すスペックを備えたものが多いです。

中国と聞くと一昔前までは粗悪なコピー品が多く出回っているという印象でしたが、現在の中国 深センに対する世界の目は違っています。

カリバーン

VAPEの人気モデルが中国 深セン発というのはよくあります。カリバーンで有名なUWELLも深センの会社ですね。

 

ドローンでトップシェアを誇るDJIも深センの会社です。

 

アイコス互換機を使うことで味が変わるのか?

タバコ

色々なアイコス互換機を使って来ましたが、互換機だからといってタバコスティックの味に大きな変化があることはありません。

 

互換機の多くは加熱ブレードではなく、鉄芯のようなヒートロッドを採用しているのですが喫味に大差はなく互換機でも美味しくアイコスのタバコフレーバーを楽しむことができます。

 

ちなみにブレードタイプよりもロッドタイプの方がブレード折れの心配が少ないので、よくブレードが折れてしまう人はアイコス互換機の方が合っているかもしれません。

 

アイコス互換機のメリット

アイコス互換機を使うメリットは主に2つあります。

1つはアイコスよりも安い価格で購入できること。

もう1つは、本家アイコスを超える性能を持つ機種が多いことです。

 

メリット1) 安く購入できる

おそらく多くのユーザーがアイコス互換機を購入する動機はこれでしょう。

アイコス互換機P6 mini

例えば最新モデルのアイコス3DUOは約1万円もしますが、アイコス互換機の相場は3000円〜4000円と非常に安く購入することができます。

 

アイコス自体、ブレード折れなどの故障も多いため故障後の2代目やサブ機として購入するのは安い方が都合が良いわけですね。

 

もちろん、アイコスの保証は1年ありサポートは手厚いのですが、製品登録をしていないケースでは保証を受けることはできません。

 

メリット2) 本家アイコスにない機能を搭載している

アイコス互換品のもう1つのメリットは本家を超えるスペックの高さです。

現在ではアイコスマルチやアイコスデュオなど連続吸いが一般的になっていますが、もともとアイコスに連続吸いの機能はありませんでした。

 

喫煙が終わるたびにチャージをするという手間が発生していたわけですね。

 

アイコス互換機P6 mini

アイコス互換機はアイコスマルチが発売されるよりずっと前に連続吸いの機能を搭載したり液晶表示の機能があったりと、常に本家を超えるスペックの製品を市場に投入しています。

 

アイコス互換機のデメリット

そうなってくると、アイコス互換機一択でいいじゃんという話しになりますがデメリットもあります。

まず1つに、互換品は多くのメーカーがありますが玉石混交なこと。

 

しっかり開発を行い販売網を構築しているメーカーもありますが、売ったら売りっぱなしというおすすめできない会社もあります。

 

もう1つのデメリットはサポートが不十分であるケースが多いこと。

アイコス互換機の保証期間はメーカーにもよりますが、3ヶ月〜6ヶ月で設定しているところが多いです。

また、販売元が中国であることから問い合わせても変な日本語で返信があることも。

 

アイコス互換機を購入する際の注意点

どの製品が良いのかはAmazonレビューだけでは販売が難しいので(サクラレビューがあるため)、様々な情報を吟味しながら購入することをおすすめします。

アイコス互換機QOQ

基本的にはQOQHiTasteなどブランドをしっかり作ってシリーズで展開しているメーカーは間違いがないです。

 

逆に「アイコス互換機」という名前だけで商品名やメーカー名の記載がない商品は、あまりおすすめしません。

 

まとめ

アイコス互換機について紹介しました。

安く性能が良いものを購入できるので、人気な製品であることも頷けます。

 

しかし、メーカーによっては安かろう・悪かろうの製品もあるので注意が必要です。

 

こちらでおすすめのアイコス互換機を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介

 

JTから最新の加熱式タバコが販売開始

プルームエス2の感想

日本たばこ産業(JT)から最新の加熱式タバコが販売されました。

Ploom S 2.0という製品でメンソールに特化した最新モデル。

  • メンソールの清涼感とキック感がアップ
  • 長い喫煙時間でゆっくり楽しめる
  • 連続20本吸いが可能

アイコスよりも手頃な価格で販売されているのも◎。

乗り換えや2台目としてもオススメ!

関連記事 【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた  

あなたにオススメ

  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-IQOS

© 2020 CAPNOS