アイコス、プルームテック、グロー、パルズなど様々な加熱式タバコが国内で販売されていますが、加熱式タバコで1番安い製品、ランニングコストの良い製品はどの製品でしょうか?

今回は本体価格や専用スティックの価格を比較しながら、1番コスパの良い加熱式タバコを紹介します。

 

加熱式タバコを始めるには本体と専用スティックが必要

加熱式タバコデビューするにあたり、本体と専用スティックが必要になります。

本体というのは専用機器のことで、タバコスティックをセットして加熱する機械ですね。

加熱式タバコは火を使わない製品なので、紙巻きタバコよりも安全に使用することができます。

 

しかし、その反面専用の機械を事前に購入しないといけない側面があります。

この専用機械はピンキリで3000円〜1万円の価格帯になります。

実際にどのメーカーの機種がいくらするのかを表にまとめてみました!

 

全加熱式タバコの本体価格と専用スティックの価格を比較

機種 本体価格 スティック(カプセル)
IQOS2.4plus 7980円 500円
IQOS3 10980円 500円
IQOS3マルチ 8980円 500円
プルームテック 3000円 490円
プルームテックプラス 4980円 500円
プルームエス 7980円 480円
グロー 2980円 460円
パルズ 6980円 460円

比較表からも分かるようようにグローが本体価格が最も安く、専用のタバコスティック1箱の値段も安いです。 初期投資とランニングコストが最も低いのがグローという結果になります。

 

1つだけ注意したいのはグローの定価が8000円であること。

とは言っても、常に値下げキャンペーンをしているので上記2980円で購入することができます笑

もし購入する時に8000円と表記されていたら注意しましょう。

 

グローの欠点?

f:id:mutant-tetsu:20190521101708j:plain

コスパ最強のグローですが、個人的に欠点と感じる部分を。(ここら辺は個人の捉え方なので、参考程度にしてくださいね)

それは吸い応えがアイコスなどに比べると少ないと感じる点。

 

紙巻きタバコで重めのタバコを吸っていた人は確実に吸い足りなさを感じると思います。

おそらく、1本吸い終わった後も2本、3本と量が増えるかもしれません。

 

そうなってしまうと、1箱あたりの値段は安くても全体的な金額は変わらない事態を招くこともあるので、まずはストアなどで試し吸いをしてみるのも良いかもしれません。

専用ストアでは各フレーバーを試すことができますよ。

<公式ウェブサイト> glo / グロー – すべてを一台に。ワンタッチで楽しもう

 

まとめ

加熱式タバコで1番安い製品はグローです。

グローはアイコスなどに比べるとユーザーが少ないのですが、私は好きですけどね。

コンパクトだしブレード折れの心配もないし、コスパも良いですし。

 

加熱式タバコのコスパを気にする人にはおすすめしたい一台です。

ぜひ、参考にしてみてください。

加熱式タバコの比較!アイコス、プルーム、グロー、パルズ 全てを比較検証 – Capnos

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介