peace-little-cigar

ピースリトルシガーの味わいをレビュー

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

JTから発売されたピースの新作銘柄「ピース・リトルシガー」

本記事ではピース・リトルシガーの味わいをレビューします。購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

ピース・リトルシガー

JTから新しく発売された紙巻きたばこ銘柄。

JTオンラインショップ限定発売で、価格は1箱650円。

少し高めの金額設定ですが、高級感あるパッケージは愛煙家心をくすぶります。

過去に3回限定発売されていますが、いずれも好評で売り切れが続出したとのこと。

記事執筆時点で、オンラインショップを覗いてみましたが、さっそく売り切れていました。

peace-ec

もっと増産すればいいのに、と思いますが、製造に手間がかかる製品のようで個数の確保が難しいそうです。

バージニア葉を100%使用し、巻紙もたばこ葉で作られたものを使用するこだわりぶり。

高級感漂うパッケージ

ブラウンと濃紺のパッケージにゴールドのロゴが映えます。

たばこ以外の部分にもJTのこだわりが垣間見えます。

ちなみにリトルシガーは葉巻ジャンルに分類される製品で、ニコチンの表示がありません。

これは、葉巻たばこがタール・ニコチン値の確立された測定方法が存在していないためです。

統一されたデザインと芳醇な香り

開封してみました。

驚いたのがフィルター部分までブラウンカラーになっているんですね。

シガリロのような印象を受けます。

側面を鼻で撫でるように香りを嗅いでみると、なんとも言えない芳醇な香りが漂います。

メープルシロップをかけたような甘い香り、たばこ葉の酸味を含んだ香り。

いや、これ本当にすごいな・・・

これ以上、待てないのでさっそく喫煙していきます。

期待値以上の味わい

「パッケージデザインの良さと反比例して、味わいがイマイチだったらどうしよう。」

そんな懸念はすぐ払拭されました。

たばこ葉のコク、味わい。香りはシガーのニュアンスを感じさせます。

ゆっくり口に含んで肺に流し込み、フーッと吐き出す時の辛味や芳醇な香りがたまりません。

ニコチン、タール値の記載がない同製品ですが、重たさで言うとちょうど良い塩梅ではないかと思います。

ピースブランドで言うと、ピース・ライトに近い味わいです。

外ではなく屋内でゆっくり吸いたい

吸ってみて思ったのは、屋外でサッと吸うたばこ製品ではないと感じました。

仕事の合間の気分転換に吸うたばこじゃない。

バーや自宅で、ゆったりした時間を過ごしたい時に喫煙したいたばこです。

お酒との相性も抜群だと思います。

ウイスキーと合わせて1日の終わりにゆっくり楽しみたいですね。

愛煙家におすすめしたいピース・リトルシガー

昨今、メンソールやカプセル系の紙巻き銘柄の発売が多いですが、そのトレンドとは真逆を行く製品です。

「たばこを吸う」という楽しさを改めて確認させてくれるたばこでした。

人気過ぎて品薄になるのも納得です。

おそらく今後も、在庫が確保され次第発売されると思うので、ぜひ購入し試して頂きたい製品です。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。