セブンスターボールドブラック6

【レビュー】セブンスター・ボールドブラックを試してみた感想

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

2022年5月13日からオンライン限定で発売が開始された「セブンスター・ボールド・ブラック」

さっそく入手したのでレビューをしていきます。購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

最強の重厚銘柄

https://shop.clubjt.jp/online/top.aspx

近年、新しく発売される銘柄は低タールがトレンドです。低いタールやメンソール系、カプセル系の銘柄が目立ちます。

そんな中で発売されたボールドブラックのタールはなんと18mg!

セブンスターボールドブラック3

他銘柄にはない重厚な味わいが特徴です。

黒が映えるパッケージ

セブンスターボールドブラック4

真っ黒なパッケージにロゴも黒で統一されています。セブンスターの象徴でもある七つの星はシルバーに装飾されています。

パッケージにもこだわりを感じます。開封して吸い口部分に鼻を近づけてみるも、この段階ではそこまで重厚な銘柄であると感じません。

と思いましたが、ペーパー部分を嗅ぐとかなり重厚な香りが漂ってきます。たばこ葉の酸えた香りや薫香のようなものが漂ってきます。

いざ、重厚な時間を堪能!

セブンスターボールドブラック5

さっそく着火して喫煙していきます。

 

一口目、さっそくむせました笑

油断すると肺に直撃します。予想通りというか、かなり重いぞ・・・

 

しかし、ゆっくり味わっていくとボールドブラックの全体像が見えてきました。若干の酸味を含んだたばこ葉の香り、苦味、そして喉にクッと来るキック感。これは確かに重厚。

さらに吸い進めていくとタール18mgと忘れてしまいそうな吸いやすさもあります。肺にしっかり入れゆっくり口から吐いた後に、口内にクーっと広がる感じ。

最初は重過ぎるかなと心配していましたが、決して吸いづらいわけではありません。

芳醇ではなく重厚な銘柄

たばこ葉の芳醇さを楽しむよりも、あくまで重厚な吸い心地を楽しむ銘柄だと感じました。もちろん、たばこ葉の芳醇さもあるのですが、芳醇さはそこそこ。

それよりも重厚感がワッと来るような銘柄です。

たばこ葉の芳醇な味わいを楽しみたい人は、同じJTが発売するピースリトルシガーの方が楽しめると思います。

peace-little6

ボールドブラックはオンライン限定

たばこ好きにはぜひ試してみてほしい銘柄ですが、現時点での購入のハードルは高いです。JTオンラインショップ限定で1箱の購入でも676円の送料が発生します。

複数購入すると送料単価も下がると思いますが、1箱購入するだけで1,276円もかかってしまいます。現時点ではメーカー側は様子見の段階でしょうか。

売れ行き次第でコンビニやたばこ店での取り扱いも開始するかも?今までないような重厚な銘柄なので、興味のある人はぜひ試してみてください。

JTオンラインショップ

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。