[カプノス]たばこ情報サイト

手巻きタバコのペーパーは奥が深い。タイプ別の種類を紹介

シャグと手巻きタバコ用ペーパー

手巻きタバコの醍醐味はシャグ選び。

自分好みのシャグを見つけた時には、市販の紙巻タバコにはない感動があります。

しかし、手巻きタバコの味わいはシャグだけでなく、ペーパー(紙)でも左右されるのはご存知でしょうか?

 

手巻きタバコのペーパーは3タイプ

手巻きタバコ用のペーパーは大きく分けて3タイプあります。

  • フリーバーニング
  • ミディアムバーニング
  • スローバーニング

以下で一つずつ紹介します。

 

フリーバーニング

フリーバーニングは燃焼剤が入っているタイプのペーパーです。

通常の紙巻タバコのペーパーもこのフリーバーニング系です。

燃焼剤が入っているので、喫煙中も火が消えることはなく安定して喫煙することができます。

一方で燃焼剤が入っているので、純粋なシャグの味わいを楽しめない側面もあります。

 

ミディアムバーニング

後述するスローバーニングとフリーバーニングの中間に位置するタイプのペーパー。

フリーバーニングと比較して、燃焼速度はゆっくりめになります。

 

スローバーニング

上記のペーパーと異なり燃焼剤が入っていないタイプになります。

スローバーニングの名前通り、燃焼がゆっくり進むためじっくり喫煙したい人向け。

シャグの味わいをダイレクトに味わえるのでスローバーニング系を支持する喫煙者は多いです。

 

ただ、燃焼剤が入ってないがゆえに火が途中で消えてしまうケースもあります。

 

漂白か無漂白もチェック

さらに掘り下げると漂白タイプか無漂白タイプでも分けられます。

コーヒーフィルターをイメージすると分かりやすいと思いますが、漂白されているペーパーは真っ白で無漂白のものは茶色がかった色合いですよね。

 

漂白の有無で味わいも変化します。シャグの味わいを楽しむため無漂白を選ぶ人も多いです。

 

ペーパーの素材もいろいろ

手巻きペーパーの素材もそれぞれ。麻やリコリス、ライス、セルロースなど様々です。

一般的には麻を使ったペーパーが多いです。

 

一方でペーパー自体にフレーバーが付いているタイプもあります。いやー、ペーパー一つにとっても奥が深いですね。

 

ペーパーのおすすめ

シャグを購入するとペーパーが付いているので、厳密には別で購入する必要はありません。

しかし、このペーパーはフリーバーニングで漂白タイプのものばかり。

 

ペーパー自体高いものでもないので、別途購入してこだわりたいところ。

手巻きタバコ用のペーパー

色々試した中でおすすめはPure HempのペーパーとSmoking、Rawあたりでしょうか。

スローバーニング系で無漂白のものを選んでいます。

 

会社の出先でさっと喫煙したい時はフリーペーパー系が一番手軽ですが、自宅でゆっくり喫煙を楽しみたい時にはスローバーニングタイプがおすすめですよ。

 

関連記事

ヴェポライザーと手巻きたばこのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

アイコス互換機の人気ブランドHitaste P8という最新モデルが発売されました。
  • 連続25本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 液晶ディスプレイでの操作
アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、Hitaste P8は25本。 ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!     アイコス互換機のおすすめはこれ!おすすめモデルを紹介  
CAPNOS[カプノス]編集部
タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当サイトでは加熱式タバコや煙草全般に関する情報を発信します。

特集


喫煙具をもっと知る