[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー ジンジャーエールをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

日本が世界に誇る名門メーカー・柘製作所。

パイプたばこやキセル、あるいは手巻きたばこに用いる様々なアイテムや、ライターなどを開発・製造・輸入・販売するメーカーで、手巻きたばこを好む方なら一度はこの名を目にしたことがあるはずです。

手巻きたばこのニーズの高まりに呼応し、近年では同所プロデュースによるブラックスパイダーシリーズというシャグブランドを展開しています。

数多くのフレーバー系シャグを展開しており、いずれも海外ブランドから一歩リードするクオリティの高さで絶大な支持を得ていますが、今回試すのはこのジンジャーエールというフレーバー。

パッケージもいわゆるジンジャーエールのそれに応じて、ダークグリーンが基調となっています。

あらかじめネットなどで調べた情報によれば、

「甘い喫味と、ジンジャーの刺激がマッチした味」

「飽きがきにくい大人の香りが鼻腔を満たす」

といったコピーやレビューがありました。

これらのレビューから、なんとなく喫味の想像ができたような気になる筆者でしたが、しかし、これまでに試したブラックスパイダーシリーズは期待や想像を、良い意味で裏切られることも多々ありました。

今回も想像とは違う、面白い喫味を楽しませてくれるのではないかとワクワクします。

それでは吸い始める前にスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー ジンジャーエールのスペック

  • 生産国 タンザニア
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

ジンジャーエール商品に多く用いられるダークグリーンのパッケージを開封すると、まず鼻に強くついてくるのがジンジャーの香り。

ここではジンジャーエールというよりは、ジンジャー(生姜)の香りのほうが強い印象で、その角のある香りを甘味が柔らかく包んでくれているようにも思いました。

深くかいでみても、ジンジャーの香りばかりが際立ち、たばこ葉の香りを認識することができません。

このため、数多くあるブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグの中でも特に香料が強い銘柄なのではないかと思いました。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズはタンザニアの葉、ラオスの葉が用いられることが多いですが、本銘柄ではタンザニアの葉が使われているようです。

刻みの細かい濃い茶色の葉に入り混じる木の葉のような破片が見えますが、指で触れた感じではいずれにしても粘度強め。

この点も、前項で触れた「香料の強さ」を感じる筆者でした。

果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

開封時に感じた「ジンジャーエールというよりは、ジンジャー(生姜)感」がそのまま表れたような喫味で、すりおろした生姜に砂糖やはちみつをかけたような風合いを感じました。

ジンジャーエールとしての具現としては物足りなさを感じつつも、しかし決してまずいわけではなく、たばこ葉本来のキック感、ボディも十分でヘビースモーカーの筆者も大満足のシャグでもあります。

この辺もまたブラックスパイダーシリーズの強みであり、どんなフレーバーでも美味しく吸えるのはありがたいところです。

ここまでがヴェポライザー・190度での感想ですが、温度をあげることでどう印象が変わるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じた「ジンジャーエールというよりは、ジンジャー(生姜)感」は薄まり、220度にしたことで全体の喫味バランスが整った印象。

まさしくジンジャーエールの味にまとまっています。

ジンジャーエールの炭酸が持つ甘み、瑞々しい感じも喫味の奥のほうで感じることができ、かなりハイレベルのフレーバー系シャグだと思いました。なかなか面白いです。

ここまでがヴェポライザーでの感想でしたが、手巻きで吸ってみるとまた印象が変わるようにも思います。というわけで次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザー220度で感じたジンジャーエールの喫味バランスがさらに高まった印象です。

さらに言えば、カナダドライのジンジャーエールではなく、どちらかと言えばウィルキンソンのドライに近い風合い。

蒸し蒸しと暑い夏場に喫煙によってスキッとした爽快感を味わせてくれる貴重なフレーバー系シャグのように感じました。

ブラックスパイダー ジンジャーエールの感想

開封時、あるいはヴェポライザー190度ではジンジャー(生姜)の印象ばかりが際立って感じた本銘柄ですが、ヴェポライザー220度、または手巻きでそのポテンシャルが発揮された印象です。

なかなか面白い喫味であり、フレーバー系シャグが苦手な方にも必ず喜んでいただけるような喫味だと思いました。

ありそうでなかった意外なフレーバー、機会がありましたら是非一度お試しいただければ幸いです。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る