[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダーミックスドナッツをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

創業からゆうに100年もの歴史を持つ名門メーカー・柘製作所。

パイプ、キセルなど様々な喫煙具を開発・製造し、世界中に喫煙の魅力を提供し続けるメーカーですが、ニーズの高まりに応じ、近年ではブラックスパイダーシリーズというシャグも展開しています。

いわゆるフレーバー系シャグを多く展開するブランドですが、世界中のフレーバー系ブランドに対し、香料の繊細さ、表現の豊さでは頭一つ抜きんでた印象があり、特に日本国内では絶大な支持を得ているブランドでもあります。

今回試すのは、このブラックスパイダーシリーズよりミックスドナッツというフレーバー。

日本人の酒飲みの間ではよく知られているおつまみ「ナッツ」をモチーフにしているようです。

「どうして、こんなモチーフを……」と正直意外にも思いますが、こういったシャレはフレーバー系シャグブランドに多く見受けられるものでもあり、同時に香料の表現の楽しさを、喫煙者同士で共有し楽しめるものでもあります。

あらかじめネットなどで調べたところでは「様々なナッツが織りなすクリーミーな香りを楽しめる」といった声が多く、期待で胸が膨らみます。

ミックスドナッツの香ばしさ、甘さが喫味にどう反映されているのでしょうか。

実際に吸う前にまずはスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー ミックスドナッツのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。

事前情報の通り、様々なナッツが入り混じるような複雑な香りがします。

一方、確かにクリーミーな甘さも感じ、ナッツの香ばしさとスイーティーな香りが入り混じり、独特の風合いを醸し出しています。

「この香り、どこかで嗅いだことがあるんだよなぁ……」

としばし考える筆者でしたが、わかりました。

ズバリ、サーティワンアイスクリームのジャモカアーモンドファッジの風合いです。

香ばしさと甘さが入り混じるこの香りからは、喫味は全く想像することができません。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグにはタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、今回のシャグに採用されているのはラオスの葉。

焦げ茶色の葉で、刻みは極めて細かいです。

また香料のせいなのか、たばこ葉にはほのかな粘度があり、触れると指先にベトベトした感じが少々残ります。

このブラックスパイダー ミックスドナッツ、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーの190度から試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

開封時に強く感じた様々なナッツの香ばしい香りはあまり感じず、甘み、苦味が舌先に残るような印象を受けました。

一方でキック感をやや強く感じます。

フレーバー香料よりもたばこ葉本来が持つ風合いのほうが喫味の全体を覆い、フレーバー系シャグがやや苦手な筆者にとっては実にありがたい一服となりました。

この印象、ヴェポライザーの温度をあげることでどう変化するのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度では表現しきれなかったミックスナッツの雰囲気が220度にしたことで、しっかりと表れており、またたばこ葉のボディも強まった印象を抱きました。

ヴェポライザーでこのフレーバーを楽しむ場合は、間違いなく220度のほうが良さそうです。

全体のバランスはかなり安定して楽しむことができます。

ここまでがヴェポライザーで試した素直な感想ですが、手巻きにすることでどう変わっていくのでしょうか。

次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

1パフ目で直感しました。

このシャグは手巻きでないとポテンシャルを感じられないことを。

まず一服目で感じたのは、様々なミックスナッツが入り混じる香ばしさと甘い風合い。

鼻から煙を吐き出すときにはこの風合いがさらに強まり、かなり面白いシャグであることを痛感しました。

これまでにブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグは複数試してきていますが、この中でもかなり個性の強いフレーバーだと思いました。

もちろん、悪い意味ではありません。

良い意味で、他ブランドでは感じられない楽しいフレーバー感を味わうことができました。

ブラックスパイダー ミックスナッツの感想

特別ヴェポライザーでの喫煙に不満があったわけではないものの、手巻きで吸った際のインパクトを感じると、このフレーバーは手巻きでないと意味がないと思うほどでした。

世界的に見ればかなりニッチなフレーバーで、日本人の酒飲みでないと、なかなか共感することができない味ではあります。

しかし、限定されたフレーバーだからこその楽しさ、面白さを感じられるのもまたブラックスパイダー ミックスドナッツの持ち味のようにも思いました。

機会がありましたら是非一服されてみてはいかがでしょうか。

つい笑ってしまうほど楽しいフレーバーですよ。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る