スリードッグス_ペリク

【シャグレビュー】スリードッグス・ペリクをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

パイプをはじめ、あらゆる喫煙具をリリースする柘製作所が新たに発表したシャグブランド、スリードッグシリーズ。リリース前からユーザーの間で話題になっていたブランドですが、この夏の発売以降、実際に試した人たちの間で高評価を得ているようです。

スリードッグスシリーズは、あくまでも「たばこ」本来の喫味を大切に繊細にたばこ葉を選定、さらに伝統的な製法によって、本物志向のユーザーを満たしてくれる個性的な銘柄ばかり5つを展開しています。

今回試すのは、このスリードッグスシリーズのペリクというフレーバーです。

threedogs_perique_01

ペリクとは、「幻のたばこ葉」とも呼ばれるもので、製造する過程で独特の溶液につけて発酵させるもの。アメリカ・ルイジアナ州の都市、セント・ジェームスパリッシュだけで栽培される独特のものですが、この製法から、柘製作所のパイプのオーソリティ、柘恭三郎さんは「ペリクは、たばこの漬物である」と言ったという逸話もあるそうです。

個性的かつ、他ブランドではなかなか例を見ないこのペリクというブレンドですが、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。ヴェポライザー、紙巻きで試す前に、まずはそのスペックから見ていきましょう。

■関連記事:シャグのおすすめをタイプ別に紹介

スリードッグス・ペリクのスペック

  • 製造国 ラオス
  • 価格 1,000円
  • 内容量 30g

ペーパーの確認と開封

スリードッグスシリーズにはペーパーが付録されていません。このため、紙巻きにして吸う場合は、別途用意する必要があります。頑なまでにたばこ歯の品質、製法、ブレンドにこだわったスリードッグシリーズなので、粗悪なペーパーではなく、やはり高品質なペーパーを別途用意して楽しむのが良いでしょう。

さて、パッケージを開封し葉の香りを嗅いでみると、バージニア葉の甘い風合いをまず感じますが、その奥のほうで確かにどことなく発酵しているような酸味のような香りも感じることができました。一見ごく普通のたばこ葉の香りのようですが、この点が実に繊細。これまでまずかったことがないスリードッグスシリーズということも含めて考えると、やはり味わい深い喫味を楽しませてくれるだろうと期待が膨らみます。

葉の感じ

バージニア葉のブレンドですが、粘度があるのは、スリードッグスシリーズの他フレーバーと同様です。シャグ特有の刻み幅(0.3〜0.6ミリ)ももちろん同様ですが、特徴的になのは、その一片ごとが比較的短めである点。

「発酵させる」という製法上、こうなってしまうのかもしれませんが、想像では細かいたばこ葉一片ごとが持つポテンシャルを、より繊細に均一に味わせるために、わざと短めにカットされているのではないかとも思いました。この点、あくまでも想像ですが、とにかく繊細で、喫煙に対する情熱が高い柘製作所です。こういった細かい配慮がなされているのではないかとも思います。

というわけで、このスリードッグス・ペリクをまずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

あらゆるシャグの魅力を引き出すことができ、扱いやすさもあるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

1パフ目で口の中に広がったのは丸い甘味。パフの中半から後半にかけてうっすら苦味と辛味が絡み合ってくる感じで、なかなか贅沢な喫味です。また、後味として舌先にも、甘味と辛味がピリッと残り、これもまた独特で悪くないです。

ヴェポライザーの燃焼温度が低いからか、全体のボディは弱めですが、決してまずかったり物足りない喫味ではありません。軽めの口当たりですが、これはこれでアリだと思いました。

190度にして、なかなか好印象のスリードッグス・ペリクですが、次に燃焼温度を上げて再度試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

燃焼温度を上げて吸ってみると、190度で感じた印象がそのまま濃厚に広がったような喫味ですが、特筆すべきは酸味が格段にアップした点。強い酸味が鼻腔に広がるような印象です。この酸味こそが柘恭三郎さん言うところの「ペリクは、たばこの漬物である」なのだとしたら、シャグ本来のポテンシャルを味わいたい場合は、間違いなく220度のほうが良いだろうとも思いました。個性的ですが、実にうまいシャグです。

紙巻きで吸ってみた

続いて紙巻きにして吸ってみます。

ヴェポライザー190度/220度で感じた甘味は、むしろナリをひそめ、苦味と辛味のアタックが際立ちました。そのアクセントとして後半に甘味がかすかに引き波のような効果をもたらしています。

他方、ヴェポライザー220度で感じた「鼻腔に感じる酸味」は紙巻きも同様で、このバランスこそがスリードッグス・ペリクの個性なのだと思いました。

ただし、甘味はさておき、この苦味、辛味、酸味は独特でもあるため、好みは人によって大きく分かれそうなシャグだとも思いました。

スリードッグス・ペリクの感想

スリードッグス_ペリク1

ヴェポライザーでの吸いやすさ、優雅な印象は万人受けすると思う一方、紙巻きでの喫味バランスは、かなり通向けで、好む・好まないが大きく分かれるようにも思いました。

ただし、スリードッグスシリーズの他フレーバー同様、繊細な喫味設計であることに変わりはなく、実に贅沢な味わいでもありました。他ブランドではあまり見かけない個性的なペリクの味、是非一度お試しください。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:4/5

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。