[カプノス]たばこ情報サイト

【レビュー】1箱500円のメビウス Eシリーズをふつうのメビウスと吸い比べてみた

メビウスEシリーズ1

JTから発売されたメビウス ・Eシリーズ。

通常のメビウス は1箱540円ですが、メビウス ・Eシリーズは1箱500円と割安価格。

2021年10月にはたばこの値上げが控えていることから、気になっている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、メビウス ・Eシリーズを実際に吸ってみた感想や、通常のメビウスと吸い比べをして味わいの違いなどを比較していきます。

メビウス ・Eシリーズ

メビウスEシリーズ2

日本たばこ協会(JT)から発売された銘柄で、メビウスブランドの名前を冠した銘柄。

現行のメビウス (540円)よりも求めやすい1箱500円に設定されています。

熟練したブレンダーが原料となるたばこ葉を組み合わせて、求めやすい価格と味わいを両立させた製品とのこと。

メビウスの特徴である「スムースで豊かな味わい」を継承しており、活性炭を使用したチャコールフィルターも採用されています。

なお、展開されている銘柄は5種類となります。

  • メビウス ・イーシリーズ・10
  • メビウス ・イーシリーズ・6
  • メビウス ・イーシリーズ・ワン・100’s
  • メビウス ・イーシリーズ・メンソール ・5
  • メビウス ・イーシリーズ・メンソール ・ワン・100’s

レギュラー銘柄とメンソール銘柄が展開されており、全国のコンビニやたばこ店で購入することができます。

参考:メビウス Eシリーズ | JT公式サイト

検証。メビウス・Eシリーズは美味いのか?

メビウスEシリーズ3

ここで気になるのが、通常のメビウスより割安な価格に設定されていますが、美味しいのかどうか?という点。

安いに越したことはないのですが、美味しくないと意味がありませんよね。

メビウスEシリーズ4

見た目も全く同じ銘柄ですが、どの位味わいに差があるのでしょうか?

そこで、今回はメビウス ・Eシリーズと通常のメビウスで吸い比べをしてみました。

通常のメビウス ・オリジナル・10

メビウスEシリーズ5

開封して香りを嗅いでみますが、極めて香りは少ないです。

着火し、さっそく喫煙していきます。

・・・

たばこ葉の旨味や苦味のバランスが秀逸ですね。

ザ 、レギュラー銘柄といった感じで、非常に吸いやすいです。

メビウス ・Eシリーズ・10

メビウスEシリーズ6

次にEシリーズの10mgを吸っていきます。

開封して香りを嗅いでみると、たばこ葉の香りか少し酸い香りがします。

着火してさっそく吸っていきます。

メビウスEシリーズ8

・・・

まず初めに感じたのは、通常のメビウスと味わいは非常に似ているということ。

たばこ葉の味わいは、ほぼ同じで通常のメビウスと比べても遜色ないです。

2口、3口と吸い進めていくとぼんやり違いが見えてきました。

通常のメビウスと比べると、若干吸い心地が軽い印象です。

ふと気づいてパッケージを見比べてみました。

メビウスEシリーズ7

上が通常のメビウス 、下がメビウスEシリーズ

タールは同じ10mgですが、ニコチンが0.1gほど違いますね。

数値の上ではあまり違いがなさそうに見えますが、吸いごたえの重さはそれ以上に違うように感じます。

吸い込んで吐き出すときの、たばこ葉の旨味やキック感が通常版に比べると軽いです。

メビウスEシリーズ9

しかし、メビウス ・Eシリーズ単体で見たときには、全然美味しいと感じる銘柄です。

40円も安くてこの味わいは、「アリ」だと感じました。

普段、吸っているメビウスよりもEシリーズでは重めの銘柄を選択すれば、この軽さは許容範囲かと思います。

マックスは10mgですが、例えば6mgを吸っている人はEシリーズでは10mgを選択するといった具合です。

通常のメビウス ・プレミアム・メンソール ・5

メビウスEシリーズ10

次にメンソール 銘柄で比較していきます。

まず先に通常版のメビウス メンソール から試していきます。

開封して香りを嗅ぐと、メンソールのスキッとした香りが鼻に届きます。

着火してさっそく喫煙していきます。

メビウスEシリーズ13

・・・

メンソールの清涼感とたばこ葉の旨味のバランスが絶妙です。

レギュラー銘柄と同じく、「これぞメンソールたばこ!」と感じる銘柄です。

メビウス ・Eシリーズ・メンソール ・5

メビウスEシリーズ11

次にEシリーズのメンソールを試してみます。

開封前に香りを嗅ぐと、酸味を含んだような吸い香りが漂います

通常のメビウス では、こういった香りはないのですがEシリーズでは若干、酸い香りがしますね。

着火して喫煙していきます。

・・・

1口目で「通常のメビウス ・メンソールとは全く違い味わい」と感じました。

レギュラーでは、ほぼ同じ味わいと感じましたがメンソールは明確に違った味わいですね。

メンソールの清涼感は通常のメビウスよりも強いと感じました。

けっこう、スースーする味わいです。

レギュラーと同じくタールは一緒で、ニコチンが0.1mgほど軽いです。

メビウスEシリーズ12

上が通常のメビウス、下がメビウスEシリーズ

通常のメビウス・メンソールのたばこ味とメンソール味の比率を4:6とするなら、Eシリーズでは3:7といった具合でしょうか。

たばこ葉の味わいよりも、メンソールの清涼感が先行します。

味わいが違うと言っても、決して不味いわけではなく、これはこれで美味しいです。

メビウスEシリーズ14

40円安い銘柄ですが、選択肢としてアリです。

メビウス ・Eシリーズはコスパの良いたばこ

通常のメビウスと吸い比べをして、選択肢としてアリという結論に至りました。

40円安いことで、どれだけ味わいに影響しているか心配しましたが、全然問題ありません。

メビウスEシリーズ15

確かに、たばこ葉の味わいが少し軽くなっているのは否めません。

しかし、そこそこの重さがあれば良い、という考えの人にはぜひおすすめしたい銘柄。

ぜひ参考にしてみてください。

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!

→Twitterをフォローする

特集


ニュース


喫煙具を知る