[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】キャプテンブラック・チェリーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

リトルシガー、パイプなどの展開があるデンマークのブランドで、シャグでは3ラインを展開しているCaptain Black(キャプテンブラック)シリーズ。

これまでに、たばこ葉本来のポテンシャルを打ち出したキャプテンブラック・ブライトバージニア、フレーバー系でありながら良くも悪くも控えめなキャプテンブラック・バニラを試した筆者ですが、今回は残りとなるキャプテンブラック・チェリーを試してみます。

フレーバー系シャグはこれまでにも数多くを試してきていますが、意外と少ないように感じるチェリー味。

確かに甘味と酸味と、たばこ葉とのバランスが難しそうにも思いますが、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

これまで試した前述の2ラインは、いずれも「味は良いのに、パンチに欠ける」という特徴があり、この点からCaptain Blackシリーズに少々不安を覚える筆者ですが、今回のキャプテンブラック・チェリーはフレーバーのバランスも良く、ガツンとくるシャグであることに期待したいと思います。

それでは実際にキャプテンブラック・チェリーを細かくチェックし、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

キャプテンブラック・チェリーのスペック

  • 生産国 デンマーク
  • 価格 850円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

開封前からプンプン漂うほどではなかったものの、開封した途端にチェリーの甘酸っぱい香料の香りが鼻をついてきます。

同じCaptain Blackシリーズでフレーバー系シャグのキャプテンブラック・バニラの香料が控えめだったので、正直これは意外です。

なんとかしてたばこ葉の香りを嗅ぎたく、鼻を近づけ強く深く嗅いでみても、香料の香りに支配され、全く感じることができません。

フレーバー系シャグの大半はこの感じなので、特に不満はないのですが、よってこの時点では後の喫味をあまり想像することができませんでした。

葉の感じ

キャプテンブラック・バニラよりも粘度が高く、これも多めの香料を採用しているからではないかと思います。

触ってみると、その香料のネットリした感じが指先に残ります。全く関係ないですが、「指先で送る君へのメッセージ」という内容の『CHE.R.RY』という歌がつい頭によぎってしまう筆者でした。

話がズレましたが、刻みの細かい葉は極めて柔軟で、柔らかく入り組んでいます。この時点でもやはり喫味の想像がつきにくい筆者でしたが、さっそくヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

1パフ目にして、甘酸っぱいチェリーの風合いを口元に感じました。

2パフ目ではそれを底上げするかのようなたばこ葉の苦味を感じ、なかなか面白い喫味です。

確かに香料のケミカル感はありますが、フレーバー系シャグとしてはかなりクオリティの高い風合いだと思いました。

ただし、Captain Blackシリーズに共通する軽さ、弱さ、薄さはキャプテンブラック・チェリーも同様のようで、やはりたばことして考えると、物足りなさも感じた筆者でした。

この点、燃焼度を上げることで多少は強度が高まってくれるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

甘酸っぱいチェリーと、たばこ葉の苦味のバランスがより整ったことを感じながらも、たばこ本来のパンチはさらに弱まった印象です。

この点、Captain Blackシリーズ全てに入れることなのですが、筆者のようなヘビースモーカーにとっては、この弱さが本当に惜しく思います。

もっとも、ライトスモーカーに向けた設計なのかもしれませんが、個人的にはこれだけの優れた喫味バランス、もう少し強く味わいたいなというのが正直なところです。

この弱さ、手巻きで吸うことで解消されるものなのでしょうか。次に手巻きで試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

チェリーの風合いとスパイシーさが喫味の全体を覆い、この独特の風合いが舌先を支配します。

かなりインパクトのある喫味には変わりないですが、依然としてたばこ感は極めて薄め。

吸っても吸ってもパンチを得られません。

ライトというよりはスカスカ感が強く、ヘビースモーカーの筆者はやはり残念に思ってしまいました。

キャプテンブラック・チェリーの感想

Captain Blackシリーズの中では香料の強さを最も感じる銘柄でしたが、シリーズに共通する弱さはやはり継承されており、これは本当に惜しいと思う筆者でした。

一方で、喫煙に慣れていない人やライトスモーカーにとってはこの程度の軽さがちょうど良いようにも思います。

そう考えると、手巻きシャグのゲートウェイ的銘柄としては良いのかもしれませんが、この点も吸う人によって大きく評価が異なるかもしれません。

是非機会がありましたら、ご自身の口でその真価のほどご判断いただければと思います。

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:1/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る