Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

電子たばこと加熱式たばこの違いとは?初心者に分かりやすく解説

電子たばこと加熱式たばこの違いについて、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

「電子たばこってアイコスやプルームテックのことでしょ?」

こう思っている方。厳密に言うとそれは誤った知識です。

当記事では電子たばこと加熱式たばこの違いについて詳しく紹介します。

 

電子たばこと加熱式たばこの違い

f:id:mutant-tetsu:20190625102551j:plain

電子たばこ、加熱式たばこの違いをざっくり言うとタバコ葉を温めて使用するか、リキッドを温めて蒸気を吸うのかの違いにあります。

プルームテックプラスやVAPEはカプセルなどに充填されたリキッドを温めて使用します。

ざっくり言うと、VAPEは電子タバコに分類されますがアイコスや、プルームエス、グローなどは加熱式たばこに分類されます。

  種類 ニコチン
アイコス 加熱式タバコ
グロー 加熱式タバコ
プルームエス 加熱式タバコ
プルームテックプラス 電子タバコ
VAPE 電子タバコ ×

 

アイコスに代表される加熱式たばこ

f:id:mutant-tetsu:20190612103613j:plain

上記の表でも触れましたが、アイコス ・グロー・プルームエスは加熱式たばこに分類されます。

さらに細かく分類すると、

アイコス はブレード型

グロー、プルームエスは非ブレード型

と分けられます。少しややこしいですね・・・

 

アイコスのようなブレード型はタバコスティックにセラミックのブレードを刺して内部から温めます。

一方、グローやプルームエスはこのブレードがなく周囲から温めて使用します。

 

ブレードありなしの長所・短所

f:id:mutant-tetsu:20190617115313j:plain

アイコス はブレードが折れやすい」とよく言われますが、これはブレード型の欠点とも言えますね。

グロー やプルームエスはブレードがないので、こうしたブレード折れの心配はありません。

しかし、ブレード型は非ブレード型に比べて吸い応えが多いように感じます。(あくまで個人的な意見ですが)

グローやプルームエスなど他の加熱式たばこがアイコスの牙城を崩せてないのはこうした理由からかもしれませんね。

 

VAPEに代表される電子たばこ

f:id:mutant-tetsu:20190522103850p:plain

タバコ葉ではなく、リキッドを温めて使用するものはVAPEが1番有名ですね。

ただ、国内のVAPEは法律の関係上ニコチン入りのものが販売できません。

リキッド式でニコチン入りのものはプルームテックプラスというJT管轄の製品です。

 

いずれも加熱式タバコに比べて、タバコの嫌な臭いが少ないのが特徴です。

 

特にVAPEは自分好みのリキッドを入れ替えて楽しめるので、ハマると病みつきになりますよ。中には禁煙目的で始める人もいますす。

 

ヴェポライザーなんて製品もある

f:id:mutant-tetsu:20190628092012j:plain

少し脱線しますが、ヴェポライザー という製品もあります。

これはタバコ葉を専用の機器で温めて使用するもの。

分類的には加熱式タバコと言えると思いますが、VAPEのようにタバコ葉(シャグという)をお好みでカスタマイズできる点で、ユーザーを増やしています。

ヴェポライザーとは?アイコスやVAPEとの違いを詳しく解説 - Capnos

 

まとめ

電子タバコと加熱式タバコの違いを紹介しました。

アイコスのようなタバコ葉を加熱して楽しむ製品は加熱式タバコ。

VAPEのようなリキッドを温めて蒸気を楽しむ製品は電子タバコとなります。

市場に出てきてまだ日が浅い製品なので、情報を混同しやすいという側面もあります。

 

自分のライフスタイルに合った製品を見つけると、さらに電子タバコを楽しめるようになりますよ。