ニコチンゼロで使用できる茶葉を使ったニコレス。

ニコレスのフレーバーにはどんな種類があるのでしょうか?

 

ニコレスの種類は2つ!(2020年時点)

2020年時点でニコレスでは2種類のフレーバーが発売されています。

最初に発売されたのはメンソール味で、その後にミント味が発売されました。

 

ニコレス は茶葉を使った製品でニコチンゼロなのが特徴。禁煙できる製品として注目されているのですが、どうしても茶葉を加熱した際のクセが出てしまうんですよね。

 

それをメンソール系のフレーバーでいかに上手に隠すかがポイントなため、メンソール系のフレーバーが多いのだと推測します。

将来的には茶葉本来の味を活かしたフレーバー(紅茶味?)が出てくるかもしれませんね。

 

それぞれのフレーバーの特徴

ニコレス メンソール味とミント味はそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

1つずつ詳しく紹介していきます。

 

ニコレス メンソール味

初代として発売されたフレーバー。

公式の説明にありますが、吸いごたえとメンソールの刺激を追求したフレーバーです。

人によってはお茶が腐ったような匂いと表現する人もいますが、確かに茶葉のクセが時々、顔を覗かせる一面もあります。

 

茶葉のクセをメンソールの刺激で上から隠したような感じとでも言いましょうか。喫味もグッとくるように設計しており、キック感を求める人向けのフレーバーと言えます。

 

ニコレス ミント味

ニコレスメンソール味の後に発売されたフレーバーで、吸い応えや刺激を抑えたフレーバー。

メンソール味をマイルドにしたフレーバーと言えます。

メンソールとミントの清涼感の違いまでは感じ取れませんが、確かに清涼感はアップしています。

 

メンソール感を抑えることで茶葉のクセが顔を出しているのでは?と思いましたが、意外と茶葉のクセがまとまっており吸いやすいフレーバーです。

【レビュー】ニコチン0の加熱式たばこ、ニコレス ミント味を吸ってみた

 

ニコレスはどちらのフレーバーがおすすめ?

両者を吸い比べてみて、個人的な感想にはなりますがニコレスミント味をおすすめします。

メンソールの刺激が抑えられてマイルドになっているにも関わらず、茶葉の独特なクセはメンソール味より減っていると思います。

喫味はタバコのメンソール味に近いものがあり、ミント味の方がよりタバコに近い形で禁煙生活を送れるのではないかと感じました。

ニコレスのメンソール味とミント味はどっちがおすすめ?

 

個人的な嗜好になりますが、周囲の知人の評判もミント味の方が良いですね。

2020年禁煙にチャレンジする人はぜひ参考にしてみてください。
>>ニコレス公式サイトを見る

 

【関連記事】

ニコレスはどこで買える?販売店を調べて購入してみた

ニコチン0の「ニコレス」レビュー!感想や口コミ・評判まとめ

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介