シャグ コルツバニラ

【シャグレビュー】コルツ・バニラをヴェポライザーで吸ってみた感想

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

COLTS(コルツ)のバニラ味を吸ってみた感想になります。

バニラ味のシャグの中でも評価の高い製品ですが、その実力やいかに?詳しくレビューします。

■関連記事:シャグのおすすめをタイプ別に紹介

コルツ・バニラのスペック

シャグ コルツバニラ

生産国 デンマーク
価格 1,130円
内容量 40g

開封

開封したコルツバニラ

さっそくコルツ・バニラを開封していきます。

バニラエッセンスの香りが前面に出てくると思いましたが、カスタードクリームのような深みのある香りです。

若干の酸味を含んだニュアンス。タバコ葉の良い香りが奥に隠れている感じ。

テクスチャーはほどよくしっとり。タバコ葉は若干、荒く感じます。

同じバニラ系のスタンレー・バニラは、バニラエッセンスを強く感じる香りでしたが、コルツ・バニラはまた違った香りです。

ナチュラルなバニラ香を感じさせるシャグです。

ヴェポライザーで試してみる

FENIX+とシャグ コルツバニラ

さっそく吸っていきます。

今回、ヴェポライザー のFENIX+で試してみました。

190度くらいからスタートして吸っていきます。

 

・・・

 

なるほどなるほど、これは美味しい。

肺から口→鼻に抜けた時のクリーム系の香りが心地よいです。

喫味もほどよく良い感じです。

もっとキツめのキック感を想像していましたが、200度くらいが香りも喫味もちょうどよく美味しいと感じました。

温度を上げて吸ってみる

次に温度を190度→220度に上げてみます。

一般的に温度が高くなると喫味は増しますが、コルツ・バニラはどうでしょうか。

 

・・・

 

うーん、個人的には190度の方が美味しく吸えましたね。

喫味がクッと強くなりすぎて、バニラの香りも飛んでしまいます。

刺激の強い味わいになってしまいました。

コルツ・バニラの持ち味である甘い香り、柔らかい喫味は高温帯では発揮できないようです。

温度を下げて吸ってみる

次に低い温度の170度で吸ってみます。

 

・・・

 

より香りが際立つか?と思いましたが、そんなに差はないように感じます。

若干、バニラの香りが強くなった気はします。

キック感が減っているので、ここら辺はバランスを見てトレードオフといった感じでしょうか。

ヴェポライザーで吸うなら180度-190度くらいがちょうど良いと感じました。

コルツバニラを手巻きで試してみる

最後に手巻きスタイルで試してみます。

ヴェポライザーと違い火を点けるので、スモーキー感がぐっと増します。

たばこ葉の喫味とバニラの甘い感じがほどよくマッチ。

ヴェポライザーで加熱しながら、じっくりバニラフレーバーを出すのもアリですけど、一気に火を付けて甘ったるい煙を味わうのもアリですね。

コルツバニラの感想

コルツには、コルツ メンソールコルツ グリーンティーなど評価の高いシャグ が揃っています。

コルツ・バニラも評判通りの美味しさでした。

手巻きで吸う場合、フィルターなしだと喫味が強すぎて吸えないこともあるのですが、コルツ・バニラだと低温帯であればフィルターなしでも吸えました。

バニラの甘い香り、柔らかい喫味が病みつきになりそうです。

ぜひ参考にしてみてください。

ヴェポライザーと手巻きたばこのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

※本記事で紹介した , はリンク先でも詳しく紹介しています。

ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。